学術交流講演会

公益財団法人日独文化研究所 学術交流

黃舒芃教授講演会のご案内
クリスチャン・レール教授講演会のご案内

3月はじめに、台湾アカデミーの黃舒芃教授が、大阪大学を訪問されます。
黄教授は、台湾を代表する若手公法学研究者で、ミュンヘン大学で博士号を取得され、アジアで初めてのドイツ国法学者協会会員です。
この機会に、黄教授のご研究の中心テーマのひとつであるハンス・ケルゼンについて、講演していただくこととなりました。

また、3月終わりに、ドイツ・コンスタンツ大学のクリスチャン・レール教授が、関西を訪問されます。
この機会に、一昨年のドイツ国法学者大会で高い評価を受ける報告をされ、ドイツの学界で注目されているレール教授に、ドイツ公法学の最新の議論状況を踏まえ、グローバル化対応の公法学のあり方を展望する講演していただくこととなりました。

それぞれの講演会の詳細が決まりましたので、以下のとおり、お知らせ申し上げます。

【黄舒芃教授講演会】

テーマ:台湾におけるケルゼン研究とそこから見たドイツにおけるケルゼン「再発見」
日時:2016年3月4日(金) 15時 ~ 18時(予定)
場所:大阪大学 待兼山会館 2F 会議室
大阪大学・豊中キャンパスへのアクセスマップ(80番の建物となります)


【クリスチャン・レール教授講演会】

テーマ:公法にとっての国際化の挑戦
(Herausforderungen der Internationalisierung für das Öffentliche Recht)
日時:2016年3月30日(水) 15時 ~ 17時(予定)
場所:同志社大学 寒梅館 6F 大会議室
同志社大学・室町キャンパスへのアクセスマップ

言語:ドイツ語(黄教授講演会については、通訳あり。)
主催 公益財団法人日独文化研究所
共催 大阪大学法学会(黄教授講演会)

準備の都合がございますので、講演会にご参加いただけます方は、それぞれ、以下のメールアドレスまで、電子メールにてご連絡ください。
takada*law.osaka-u.ac.jp
(担当:高田篤 本研究所理事/大阪大学大学院法学研究科教授。
 ご連絡いただく際には、*を@に変更してご利用ください)。

問い合わせ 
公益財団法人日独文化研究所 606-8305 京都市左京区吉田河原町19番地3
電話:075-771-5200 FAX:075-771-5242