日本学術会議新規会員の任命拒否に関する声明

 日本学術会議の第25期・第26期会員候補者として推薦されていた六人の研究者が、任命権者である内閣総理大臣により任命されないという、異例の事態となりました。本研究所役員一同として、日本学術会議が10月2日に発出した要望書(注)の通り、拒否の理由が開示されること、および上記六人が日本学術会議の推薦に基づき速やかに同会議会員に任命されることを、要望します。

日独文化研究所役員一同
(注・http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/kanji/pdf25/siryo301-youbou.pdf を参照)

学術会議の問題は、本研究所にも特に関係する点があります。これに関しては、以下の「所長メッセージ」をご覧ください。こちらをクリック

刊行物のご案内

年報 第14号




目次

本誌発刊のことば  岡本 道雄
「国勢」としての「文化」  大橋 良介

[特集] 木村敏先生を偲ぶ会

第一部:音楽と回想

 木村敏先生の音楽と学問
  … 和田 信

 父・木村敏の人と音楽
  … 木村 元

第二部:木村敏先生の人と学問

 木村人間学の基盤——哲学の立場から
  … 野家 啓一

 木村敏精神病理学の源泉——体験と思考
  … 和田 信

 巨星堕つ——恩師木村敏先生の思い出
  … 丹羽 和賀美

第三部:補足コメント

 木村敏先生(と)のあいだ——哲学の立場から
  … 谷 徹

 ゾーエーの海へ
  … 内海 健

 バッハ、ヴァイツゼッカー、木村敏——正当な人間学の継承のために
  … 丸橋 裕

追悼エッセイ

 出会いと回想——木村敏先生「西田哲学と私の精神病理学」
  … 水野 友晴

論考Ⅰ

 世界と生命、あるいは、経験と世界
  … 谷 徹

 「空と歴史」考
  … 秋富 克哉

 共生のパトス——利休と秀吉の場合
  … 大橋 良介

[公開シンポジウム「文明」]

 持続可能な法秩序の構築
  … 髙山 佳奈子

論考Ⅱ


 思考の共同体——哲学教育をめぐるデリダとナンシー
  … 松田 智裕

 ボンヘッファーにおけるキリスト論と自他関係
  … 加藤 希理子

 ハーバーマスとフェミニズム、配偶者間における強制性交
  … 坂本 学史

 武士の倫理の起源について——アイヌ学者 山田秀三の着想を参照しつつ
  … 関口 浩

 無心から無意識へ——鈴木大拙の『禅と日本文化』の改訂
  … 岩本 明美

2022年3月31日
発行 公益財団法人 日独文化研究所
発売 こぶし書房
定価 本体1,100円+税
お求めは書店、インターネット書店まで。
本研究所に直接ご注文いただくこともできます。本研究所のメールアドレス(zaidan*nichidokubunka.or.jp) 宛てに、その旨お申し付けください(*をアットマークに変更してください)。

共同研究成果報告集『共同研究 共生:そのエトス、パトス、ロゴス』



目次

第一部 共生の原点:自然と文明
 ・共生の智慧――今西自然学と日本人の自然観から未来の社会を構想する
  …山極壽一
 ・「共生」をめぐって――文明の地球史観・序説
  …川勝平太
 ・ヒトは生態系の破壊者か創造者か
  …湯本貴和
 ・総説・自然の中の反自然――「共生の中の反共生」という深層へ
  …大橋良介

第二部 共生のエトス:倫理学・法学・医学
 ・「科学者の社会的責任」再考――唐木順三の遺言から
  …秋富克哉
 ・文明・文化と「四」
  …谷徹
 ・死の不安を抱える人に向きあう――共感と間主観性
  …和田信
 ・「人と人のあいだ」と「自己」
  …木村敏
 ・ケルゼンの民主制論の意義について
  …高田篤
 ・裁判員裁判と量刑改革における「共感」の意義
  …髙山佳奈子

第三部 共生のパトスとロゴス:宗教・神話・文学
 ・慈悲と慈愛のイスラーム
  …東長靖
 ・キリスト教の愛とコンパシオーン
  …芦名定道
 ・親鸞の自然と悪人正機
  …『歎異抄』における「自然」
 ・禅の十牛図の世界
  …森哲郎
 ・鈴木大拙「日本的霊性」の可能性
  …水野友晴
 ・古代日本における≪悲劇精神≫について――折口信夫の思索を参照して
  …関口浩
 ・ことばの差異と共通性に向き合う――個別と普遍
  …小川暁夫
 ・「私」の探求
  …安部浩

第四部 共生と文明:宇宙論的視座から
 ・文明は見えない世界がつくる
  …松井孝典

あとがき  

2020年9月30日
発行 公益財団法人 日独文化研究所
発売 こぶし書房
定価 本体4,200円+税
お求めは書店まで

公開シンポジウム成果報告集 〈言葉〉


目次

第一部 「言葉」の宇宙(2013年度)
 ・第一章 言葉が宇宙を創る ―はじめに言葉ありきの国と言霊の幸はふ国
  …高橋輝暁
 ・第二章 Esの宇宙 ―言い得ないものが言葉になる時
  …小川暁夫

第二部 「言葉」の宗教的深層(2014年度)
 ・第三章 仏についての言葉と仏である言葉
  …大峯顯
 ・第四章 キリスト教思想と宗教言語 ―象徴・隠喩・テキスト
  …芦名定道

第三部 翻訳としての「言葉」(2015年度)
 ・第五章 《翻訳文化としての法律学》閑話
  …初宿正典
 ・第六章 踊りを翻訳する ―バレエと暗黒舞踏を糸口に
  …貫成人

第四部 「言葉」の襞(2016年度)
 ・第七章 言葉の襞I
  …長谷川郁夫
 ・第八章 言葉の襞II
  …中沢けい

あとがき  

2019年10月30日
発行 公益財団法人 日独文化研究所
発売 こぶし書房
定価 本体2,400円+税
お求めは書店まで

過去の刊行物はこちら