2016年度・中秋講座(6回)

ハイデガーと詩人たち

koza_2016autumn.jpg

講師:松本 啓二朗 (大阪教育大学准教授)

場所:公益財団法人日独文化研究所 セミナー室(京都ドイツ文化センター3階)
    (1階の小ホールに移るときもありますが、そのときは掲示します。)
開講日程:10月4日から11月8日まで
定員:30名(先着順)
受講料: 一般 12,000円 大学院生・OD 6,000円 学生 6,000円 (全6回分)
Fax: 075-771-5242
E-mail: koza@nichidokubunka.or.jp
*受講ご希望の際は、上記メールアドレスまでご連絡いただくか、申込書をダウンロードしていただき、ファックスにてご送信ください
(申込受付期間:8月30日から9月29日まで)

 『存在と時間』が途絶した後、1930年代半ばころからハイデガーは、ヘルダーリーンの詩を独自の仕方で読み解きながら、「存在史的な思索」を展開していきました。さらに彼はその後、ヘルダーリーンだけでなく、リルケやトラークルやゲオルゲといった詩人たちの詩にも取り組んでいます。
 本講座では、ハイデガーと詩人たちとの「思索と詩作」をめぐる対話を主題として、具体的な詩作品を取り上げながら、ハイデガーの独特な読解を検討していきます。
 多数の方々の聴講をお待ち申し上げております。

第1講 10月4日(火)

18:00〜19:45  思索と詩作

第2講 10月11日(火)

18:00〜19:30  ヘルダーリーン ―詩人の詩人―

第3講 10月18日(火)

18:00〜19:30  リルケ ―乏しき時代の詩人―

第4講 10月25日(火)

18:00〜19:30  トラークル ―言葉が語る―

第5講 11月1日(火)

18:00〜19:30  ゲオルゲ ―語と物―

第6講 11月8日(火)

18:00〜19:30  ヘルダーリーン ―地と天―